電気工事業者に依頼を行なわずにテレビアンテナ工事を行なう方法

テレビが突然映らなくなった場合は業者に相談を行ないましょう

DIYで故障したテレビアンテナ工事をやってみよう

テレビアンテナが故障してしまった場合は、アンテナを新しい物へと交換しなければなりません。通常は電気工事を取り扱っている業者に工事を依頼するのが一般的ですが、アンテナの取り付け工事は個人でも実施することが可能です。

故障したら新しいアンテナを設置する

電波強度を確認する

自宅にアンテナを設置する際は、住宅周辺の電波状況を事前に確認しておく必要があります。現在はインターネット上から依頼できるテイクサービスが登場しており、無償で住宅周辺の電波状況を調べてもらうことが可能です。業者の中にはアンテナの設置費用も教えてくれる業者も存在しており、自宅に適したアンテナの種類を教えてもらうことができます。見積もりを行なった後にキャンセルを実施しても、キャンセル料金を請求されることはありません。

材料を集める

テイクサービスを利用してアンテナの電波状況をする際は、アンテナの向いている方向もきちんと確認しておかねばなりません。素人の方がアンテナの形状や向いている方角をきちんと確認せずに工事を進めると、アンテナ工事が思うように進まなくなったりトラブルが発生したりする可能性が高いです。自分で新しいアンテナの設置を行なう場合は業者の方にテイクサービスを依頼し、アンテナの組み立てに必要な材料を購入しておきましょう。

DIYでテレビアンテナ工事を行うのはトラブルの元

高い場所で作業するから
電気工事が得意な方は個人でアンテナ工事を行なっていますが、安全に施工を完了させておきたい場合は業者に対応を任せておくのが適切です。住宅の屋根は高度があって傾斜がついているため、足を滑らせて落下してしまう危険性があります。
危険度が増すから
住宅にアンテナを設置する際は二人で作業を実施することが多いため、個人で施工を行なうと自分だけでなく家族も怪我を負ってしまう可能性があります。業者の方に対応を依頼しておけば、こうしたトラブルが発生することはありません。
家の屋根が傷む
屋根の構造をきちんと理解せずにアンテナ工事を行なうと、屋根が破損してしまい修理費用が発生してしまいます。電気工事を取り扱っている業者の方は丁寧な対応で施工を行なってくれるので、屋根を傷つけることなく施工を完了させることができます。