設置場所を考えてから電気工事を行なう

テレビが突然映らなくなった場合は業者に相談を行ないましょう

電気工事を行なう前に~テレビアンテナを取り付ける位置を変えてみる~

アンテナが故障してしまった際はアンテナが設置してあった場所に新しいアンテナを立てることが多いです。しかし住宅にはアンテナを設置するのに適した場所が多く存在しており、屋根以外の場所にアンテナを立てることが可能です。

屋根上以外にも取り付けられるアンテナ

屋根裏に設置する
屋根にアンテナを設置すると風雨によってアンテナが徐々に劣化していきますが、屋根裏にアンテナを取り付けておけば経年劣化が発生することはありません。アンテナの方向修正も安全かつ手軽に行なうことができます。
壁面に取り付ける
住宅の壁面にアンテナを取り付けておけば、外観を悪化させることなく美しい見た目の住宅を維持することが可能です。施工で屋根を傷つける心配もなく、しっかりと設置できるので雪や台風などの影響でアンテナが倒れることはありません。

受信が悪ければブースターを設置しよう

ブースターはテレビアンテナを受信している電波を増幅する装置であり、アンテナの取り付け工事を実施した後に設置されることが多いです。使用するとアンテナの受信する電波を増やし、テレビを視聴するのに十分な大きさの電波を確保することができます。 しかし全く電波が受信できない住宅では、ブースターの効果を発揮することはできません。

ブースターを使用する際の注意点

受信環境を確認しましょう(業者)

一般家庭で使用できるブースターは、ホームセンターや電気店などで簡単に購入することができます。しかしブースターを購入する際は事前に自宅の受信環境を確認しておき、きちんとブースターの効果が発揮されるかどうかを調べておきましょう。住宅の環境によっては、ブースターを設置しても効果が得られないことがあるので要注意です。